いつまでもイキイキと生きるための6週間運動実践プログラム




生活体力向上塾とは!?
生活体力向上塾とは、
TOTAL Conditioning Lab.
が提供しているイキイキと豊かな生活を送るための6週間運動実践プログラムです。

□□■はじめに
□■■生活体力とは!?
■■■さあ!はじめよう!!
□□□TOPに戻る

−−−−−−−−−−−−
関連書籍
−−−−−−−−−−−−


監修:K.Noguchi

■□■□■□■□■□■□
athlete-web.com
Sports Leaders net
Club-e
Area-T
by TOTAL Conditioning Lab.
□■□■□■□■□■□■

生活体力とは
生活体力向上塾では、日常生活を豊かに過ごすために必要とされる体力を「生活体力」と呼んでいます。
そして、生活体力は、関節可動性(柔軟性)、関節支持性(関節の安定性)、体重支持力(脚筋力)、平衡性(バランス能力)の4つの体力要素で構成されています。

@関節可動性
関節可動性の低下は関節の痛みを引き起こす要因の一つであるといわれています。 また身体の動きを制限する要因となり、日常生活における活動量を低下させる原因の一つになります。
これらのことから、関節可動性を高めることで加齢に伴う症状とされる各関節痛を予防(改善)し、より活動的で質の高い生活の実現が可能となります。

A関節支持性
各関節は可動性と共に支持性(安定性)を高める必要性があるといわれています。
関節の支持性(安定性)の低下は関節の不安定感を招き、急激な力が関節に加わった時に関節を保護することが出来ずに脱臼等の関節のトラブルを引き起こす原因となります。
これらのことから、関節支持性を高めることで、より活動的で質の高い生活の実現が可能となります。

B体重支持性
日常生活を不自由なく過ごすためには、自分自身の体重の60%を支えることの出来る脚筋力が必要であるといわれています。
そして、脚筋力の低下は活動量(歩行量)の低下を引き起こすことも明らかにされています。
これらのことから、体重支持性を高めることで、より活動的で質の高い生活の実現が可能となります。

C平衡性
加齢に伴い低下する身体の機能の一つに平衡性があります。
平衡性の低下は転倒の原因の一つになるとされており、特に高齢期における転倒は大腿骨骨折などのトラブルを引き起こし寝たきりの原因となる可能性があります。
これらのことから、平衡性を高めることで、より活動的で質の高い生活の実現が可能となります。

生活体力向上塾ではこれらの4つの体力要素をチェックした上で、その結果にから個人個人で衰えている体力を向上させるための運動実践プログラムを提供致します。

はじめに>>生活体力とは!?>>さあ!はじめよう!!





athlete-web.com
-We create your sports life.-

Copyright 2006 Total Conditioning Lab. All right reserved.